鹿児島で注文住宅!「私ナイズ」な家作りマニュアル
鹿児島で注文住宅!「私ナイズ」な家作りマニュアル » 鹿児島の注文住宅~建つまでの流れ~

公開日:|最終更新日時:

鹿児島の注文住宅~建つまでの流れ~

鹿児島で注文住宅を建てたいと思ったら、まずは「家の建つ手順」を知るところから始めましょう。手順を把握することで、いつ何をしたらいいのかが明確になります。

特に、建てたい時期がある程度決まっている場合は、その時期に間に合うように逆算して準備を始めなくてはいけません。

家は人生最大の買い物といって良いほど、大掛かりなものです。簡単に進まないこともしばしば。早めに手順を把握しておくと、焦らず準備が進められるでしょう。

土地探し

担当(相談先):
不動産会社

家作りは、注文住宅を建てるための土地がなければ、何も始まりません。

親から受け継ぐ土地など、何かしらあてがあれば探す必要はないのですが、それ以外の場合は土地を探すところからスタートします

土地は地域によっても金額が異なるため、「土地を購入するためにどれぐらいの費用をかけられるか」を考え、その金額を基準として土地探しを始めましょう。

不動産会社では、販売されている土地の条件や金額など詳細をチェックすることができます。希望に合わせて土地を紹介してもらえるため、一度足を運んでみてください。

>>注文住宅の土地探しの方法をもっと詳しく

設計・着工

担当(相談先):
工務店、ビルダー、設計事務所、ハウスメーカーなど

家を建てる場所(土地)が決まれば、いよいよ家づくりです!

どんな家に住みたいか意見をまとめ、何を優先して家を建てるかをまず家族で相談してみてください。優先順位と必要性、そして自分たちの予算を検討し、意見をまとめましょう。

それらを施工会社(工務店、ビルダーなど)に持ち込み、営業担当者や建築士などと実際の家づくりの相談をします。予算・機能の面で実現不可能な要望は代案を出してくれるので、聞きたいことはすべて確認を!

数回繰り返し、双方が納得したら、家の着工がスタートします。設計事務所の場合は設計だけ行うので、家を建てる工事からは実際に施工をする会社がバトンを受け取ります。この際、引継ぎに不備のないよう確認をしておきましょう。

さらに、工事時も作業の邪魔にならない程度に現場に赴き、進捗を直接確認すると、万一希望と違う進み方をしている場合でもすぐストップが出せるので安心です。

>>注文住宅の設計・施工の内容をもっと詳しく

ローン

担当(相談先):
銀行

家を一括で購入できる人はごくわずか。ほとんどの人がローンを組んで購入します。

どんなローンを組むべきなのか、ローンを組むうえで気を付けたほうが良いポイントなど、初めてでわからないことがたくさんあるはずです。

ローンにも様々な種類があるので、その仕組みを知ったうえで、自分たちにあったローン探しをしましょう。

>>注文住宅のローンの組み方・種類を
もっと詳しく

住宅に使用する素材を知る

担当(相談先):
工務店、ビルダー、設計事務所、ハウスメーカーなど

住宅を建てる際には、さまざまな種類の素材が使われることになります。自然素材である木材のほかにも、鉄筋など想像よりも多くの素材が使われることになります。自宅を建てる場合には、どのような素材が使われているのか、どの素材を使うのかといったことまでこだわりたい、という方もいるかもしれません。そのため、住まいに使用される素材に関してある程度の知識はあらかじめ頭に入れておくと、打ち合わせもスムーズに進むことでしょう。

>>住宅に使用する素材を
もっと詳しく

住宅に使用する工法を知る

担当(相談先):
工務店、ビルダー、設計事務所、ハウスメーカーなど

住宅を建てる上では、さまざまな工法があります。例えば在来軸組工法や木造枠組壁式工法(ツーバイフォー / 2×4)、軽量鉄骨造、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造 / RC造、木質系プレハブ工法、コンクリート系プレハブ工法、ユニット系プレハブ工法、ログハウスといったものがあります。それぞれの工法にはメリット・デメリットがありますし、工務店やハウスメーカーによって使用する工法が異なりますので、どのような工法を使用して自宅が建てられるのかを知っておく必要があるといえるでしょう。

>>住宅に使用する工法を
もっと詳しく

木造住宅・鉄骨住宅・鉄筋コンクリート造住宅の違いとは?

担当(相談先):
工務店、ビルダー、設計事務所、ハウスメーカーなど

「住宅」と一口にいってもさまざまな種類があります。他の建築方法と比べると建築費用を抑えられる木造住宅、柱や梁などの構造材に鉄や鋼を用いる鉄骨住宅、コンクリートを鉄筋で覆った構造部材を使用した鉄筋コンクリート造住宅などがあります。憧れの注文住宅を建築する際には、それぞれの違いやメリット、デメリットを知った上で建築を依頼する必要があるといえるでしょう。建築を依頼する際に、どの建築方法が用いられているのかを確認しておくことがおすすめです。

>>木造住宅・鉄骨住宅・鉄筋コンクリート造住宅の違いを
もっと詳しく

注文住宅会社の違いを知る

担当(相談先):
工務店、ビルダー、設計事務所、ハウスメーカーなど

住まいの建築を依頼する先として「工務店」と「ハウスメーカー」があります。どちらに頼んだらいいのか悩んでしまう人もいるかもしれません。地域に密着して住まいを建築することが多い工務店と、全国規模で展開しているハウスメーカーはそれぞれ特徴があります。プランの自由度や品質、工期、アフターメンテナンスなどさまざまな違いがありますので、どちらが自分たちに合っているのかを知った上で、どこに家づくりを依頼するかを決めると良いでしょう。

>>注文住宅会社の違いを
もっと詳しく

施主検査・竣工検査とは?

担当(相談先):
工務店、ビルダー、設計事務所、ハウスメーカーなど

注文住宅を建てた後には、施主検査・竣工検査を行うことになります。この検査は内覧会とも呼ばれており、施工会社や工務店によって社内検査を行い、施主が検査を行います。例えば図面通りに建てられているか、扉の開け閉めはしっかりとできるか、また傷や凹みがないかといった内容の検査が行われます。

また、建築確認申請を行った場合には、建物の使用開始前に市区町村などの検査担当による完了検査も受ける必要があり、この検査に合格しない限りは建物を使用することができません。

>>施主検査・竣工検査を
もっと詳しく

【特集】ワンストップ対応の会社


家を作るには、まずは土地探しから家の設計・着工、そしてローン組みと、やらなくてはならないことがたくさんあります。

土地は不動産会社、設計は設計事務所…などと別々に依頼するものですが、それらの調整・管理をする労力と移動の時間・コストは考え物。また、引き継ぎミスもないとは言えません。

そんなお悩みに対応してくれる会社として、最近は上記の流れをすべて1社で解決してくれる、「ワンストップ対応」の会社もあります。

>>「ワンストップ対応」の注文住宅を
もっと詳しく

【PR】良コスパ×鹿児島の注文住宅 とっておき事例集
建物価格ランク別に紹介 鹿児島の注文住宅会社

三洋ハウス

 三洋ハウス公式HP  

ママ目線も取り入れる!鹿児島の風土に合った豊富なプランで要望に全力対応

1級建築士が4名在籍。うち2名は女性だから、家事導線まで相談できる(2018年10月現在)

スタッフのほぼ全員がローン相談に乗れる資格を保持



三井ホーム

三井ホーム公式HP

有名メーカーで贅を尽くした豪華な邸宅を

全国で600名を超える建築家と300名以上のインテリアコーディネーターと連携

60年点検システムのほか、30年保証システムも(基礎と構造躯体を最長で30年間保証 ※詳しくは三井ホームにご相談ください。)

田建築工房

田建築公式HP

地元鹿児島の工務店!新築・増改築やリフォームもお任せ

鹿児島市近郊エリアに絞って営業

自社施工の新築プランは手の届きやすい価格が中心





建物価格ランク別に紹介 鹿児島の注文住宅会社