鹿児島で注文住宅!「私ナイズ」な家作りマニュアル
鹿児島で注文住宅!「私ナイズ」な家作りマニュアル » 鹿児島の注文住宅~要望を叶えた実例集~ » 自然素材の家

自然素材の家

鹿児島で家を建てる際、小さな子どもやペットがいる家庭やアレルギーが気になる方に検討をおすすめしたいのが自然素材の家です。

化学物質を使用していないので、健康への悪影響を軽減できます。ここでは、自然素材の家の特徴や魅力、実際に家を建てた人の口コミなどを紹介しています。

自然素材の家とは?

自然素材の家には明確な定義はありませんが、一般的には化学物質の含まれる素材を最小限に抑えて建てた家を指します。具体的には、珪藻土、漆喰、無垢材、コルク材などの素材をふんだんに使用した家です。

自然素材の家のイメージは人やハウスメーカーによって異なります。家づくりをする際には、自身の要望や業者の提案などを参考に、具体的なイメージを広げるのが重要です。

自然素材の家は、無垢木を使っていることが多いです。天然の木を切り出した材料で、柱や梁をはじめフローリングや建具まで幅広く使用されているでしょう。集成材にシートを張り付けたフローリングと比べて、豊かな香りとサラッとした肌触りが楽しめるのも、自然素材を活かした注文住宅の特徴です。

自然素材の家のメリット・デメリット

無垢材によるメリット・デメリット

無垢材はサラッとした肌触りで、時間とともに飴色へ変化していきます。住めば住むほど家に愛着が湧くでしょう。また、断熱・保温効果を持っているので、1年を通して快適に暮らすことが可能です。ダニやカビなどの発生を抑制する効果もあり、アレルギー体質の人も快適に過ごせるでしょう。

無垢材には様々なメリットがある中、乾燥に弱く変形や変色などのデメリットも存在します。また、天然素材なので色にバラつきがあることも覚えておかなければなりません。

漆喰によるメリット・デメリット

自然素材の家でよく使用される漆喰は、石灰石と消石灰を原料とする物質で作られた素材です。漆喰でできた塗り壁は「呼吸する壁」とも呼ばれ、空気中の湿気を吸収・排出する性質を持ちます。そのため調湿機能に優れ、夏のジメジメした空気や冬場の乾燥を防ぐことが可能です。

一方で、漆喰を使った塗り壁には養生、下塗り、仕上げといった工程があり、一般的なビニールクロスよりも工期が長くなるというデメリットがあります。同時に費用も高くなりやすいため注意が必要です。

珪藻土によるメリット・デメリット

プランクトンの化石を原料としている珪藻土は、主に壁用の塗料として使用されます。非常に高い調湿機能を持っているだけでなく、脱臭や消臭効果も持ちあわせている優秀な素材です。また、珪藻土には小さな穴が開いているので、防音効果もあるでしょう。

その反面、珪藻土は乾燥によるひび割れの恐れがあります。上から固化材を塗布しないと固まらない性質を持っているので、工期が長くなり費用も高くなりやすいです。

自然素材の家に住む人の声

無垢材を使った住まいは夏もベタつかず、素足でもサラッとした肌触りがとても気持ちいいです。これまではウレタン塗装のフローリングの家に住んでいましたが、無垢のフローリングの肌触りを知ってしまうと、もう前のフローリングには戻れないなと感じるほど。我が家はヒノキをふんだんに使っていますが、天然木ならではの柔らかさや香りに癒されています!やや傷付きやすいのがデメリットですが、それも家族との思い出として愛着が湧くので問題ありません。(年代・性別不明)

【PR】良コスパ×鹿児島の注文住宅 とっておき事例集
建物価格ランク別に紹介 鹿児島の注文住宅会社

三洋ハウス

 三洋ハウス公式HP  

ママ目線も取り入れる!鹿児島の風土に合った豊富なプランで要望に全力対応

1級建築士が4名在籍。うち2名は女性だから、家事導線まで相談できる(2018年10月現在)

スタッフのほぼ全員がローン相談に乗れる資格を保持



三井ホーム

三井ホーム公式HP

有名メーカーで贅を尽くした豪華な邸宅を

全国で600名を超える建築家と300名以上のインテリアコーディネーターと連携

60年点検システムのほか、30年保証システムも(基礎と構造躯体を最長で30年間保証 ※詳しくは三井ホームにご相談ください。)

田建築工房

田建築公式HP

地元鹿児島の工務店!新築・増改築やリフォームもお任せ

鹿児島市近郊エリアに絞って営業

自社施工の新築プランは手の届きやすい価格が中心





建物価格ランク別に紹介 鹿児島の注文住宅会社